金なしコーディの生活

音楽/お酒/ストレス対策/キャンプ等

青いビール!?「網走ビール 流氷ドラフト」

こんにちは
金なしコーディです。

 

先日、北海道出身の友人から

地元のお土産ですと、こんなものを頂きました。

f:id:kanenashikodhi:20180127200817j:plain

網走ビール 流氷ドラフト

 

 

商品名:綱走ビール

購入場所:北海道のお土産屋さん?

アルコール度数:5%

価格:560円

 

「大学と地域が一体となり綱走に正真正銘地ビールを生み出した」

東京農業大学生物産業学部の開設段階にて地ビール開発研究を協議し小麦ビールの研究を委託したことが始まりの一歩です。
その後平成6年大蔵省がビールの製造基準を引き下げた事により東京農大が日本初のビール試験製造免許を取得した事を受け地ビール研究会が企業化の方向性を示し、平成10年網走ビール(株)を設立、平成11年網走ビール館を開業致しました。

現在は、平成19年7月にレストランを「YAKINIKU網走ビール館」としてリニューアルし、地ビールと網走和牛を楽しめるお店として営業しています。

開業以降、帆立・牛乳その他様々な副原料を用いた発泡酒を開発して参りました。そのノウハウを活かして冬の網走を代表する流氷を仕込み水に使用した「オホーツクブルー」色の発泡酒流氷DRAFT」を平成20年2月に発売しヒット商品となりました。
以降、世界遺産知床の新緑の季節をイメージした「知床DRAFT」、網走産の麦芽を100%使用した「ABASHIRIプレミアムビール」、網走監獄をイメージしたスタウト「監極の黒」、網走産さくらんぼを使用した「桜桃の雫」を発表。平成28年3月には網走産秋播小麦「きたほなみ」を使用した「ABASHIRI White Ale」を発表致しました。

網走ビールのこだわり|北海道 網走地ビール の網走ビール株式会社

 

北海道の網走に工場を構える網走ビール。

いくつか種類があるようなのですが、今回頂いたのが漂流ドラフト。

なんと冬の網走の流氷を仕込み水に使っているそうです。

 

その特徴はなんといってもビールの色が青いこと!

 

グラスに注いでみました(泡加減が超ヘタ)

f:id:kanenashikodhi:20180127202107j:plain

見てもらうとわかる通り、本当に青いです!

蛍光的な鮮やかな青というよりは、

深めの青、深海のような色です。

 

 

実際に飲んでみると、

ホップやモルトの苦みや香りがあまり感じられず。

いい意味でいうとさっぱりしていてゴクゴク飲める、

反対に普段、香りや苦さが強いビールを飲んでいる人に

とってはちょっと物足りないかもしれないです。

 

鮮やかさがあるのでパーティ等や、

驚かしたいときなんかにはうってつけかなと思います。

 

 

ちなみに...

関連画像

↑こちらが他の種類の網走ビール

ビールとは思えない色ですよね。まるでカクテル...

 

味わいもそれぞれ特徴があるそうで、

自分の好みを見つけるのも面白いかもしれません。

 

 

まれに行われている北海道フェアで販売されることが多いそうですよ。 

amazonでも購入できます。

網走ビール6本詰合せセット

網走ビール6本詰合せセット

 

 

気になる方はぜひ一度ポチってみてください!

楽しいですよ!笑

 

 

↓こちらもおすすめです

kanenashi.hatenablog.com